中学受験

『もしドラ』から学ぶ 中学受験! 落ちこぼれから脱出できるかも?

スポンサーリンク

岩崎夏海さんが書いた本。

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」

数年前にブームになったドラッカー

そして「もしドラ」

読み直してみるとやっぱ素晴らしい!

 

中学受験はなぜ、なんのためにするのか?

ドラッカーの問いに「あなたはなぜ、なんのためにするのか?」とあります。

本質からそれないためにも、いつも問い続けないといけないと思わされます。

息子にとっての中学受験とは?

なんのために勉強を始めたのか?

ある日のこと・・・

息子「東大王になりたい!どうやったら東大に行けるの?」

母「まずは○中学(西の最高峰と言われているので、なんとなく言っちゃった)に入るとかかな?」

息子「じゃあ、僕行く!中学受験するよ!」

母「そのためには塾に入るとかするんじゃないの?」

息子「塾行きたい!どこにいけばいい?」

母「そうね、○学園が有名だよね〜試しに入塾テスト受けてみる?」

息子「うん!やってみたい!」

こんなやり取りから、中学受験への道に入ってしまったのでした。

なぜ?なんのために?→東大に入って東大王になりたいから?

今はまだそんな感じ・・・でも勉強するのはいいことだから、とりあえずやって損はないかな

 

○学園(塾)は入れたけど、ついていけてない・・

入塾テストには合格して、びっくりしながらも、親としては嬉しくて・・

期待しながら入室しました。

が・・

難しい!!!なんて問題を小学3年生にさせるんだ!!

それでも「楽しい!」と言い続ける息子。

返ってくるテストは平均点には程遠いのに?

まだ点数とか順位とかわからないのかしら?

なんだか親の方が焦ってしまい、突然教育ママになってしまって、

息子は戸惑いながらも、必死に頑張っています。

身内で一番IQの高いおじいいちゃんを投入して、学校ではやらないような問題にチャレンジ。

母「しんどかったらやめていいよ」

息子「やめない!絶対やめない!頑張る」

じゃあ、やるしかないね。。

 

夏期講習を含めて1か月がたちました

夏期講習の結果は13人中の10位

どうとらえたらいいのかわからないけど・・・

とりあえず、復習をしっかりして、テストの間違いをやり直して100点にする。

それしかないなと思います。

母「30点でも50点でも、やり直して100点にしよ。わかった!って感覚大事だもん」

息子「そだね。」

膨大な宿題、返却されたテストの山・・

これを全部やらせるのは息子には無理だなと思い、できるものをやろう!

欲張らないで、記憶が新しい最新のテストを完璧にすることにしました。

 

自主的にやるように

最初はいっしょにやっていたテストの見直しも、

いつの間にか一人でできるようになりました。

答え合わせも自分でして、「おおお!わかった!なんだこんなだったんだ」

と爽やかな声がするようにもなりました。

どうやら、「できない、わからない」からは抜け出したようです。

「わかりたい」と思うだけでも進歩したと思います。

ゆっくりと応援して行こうと思います。