未分類

アジア初 “ボンドガール” 浜美枝 、S・コネリーへ追悼 彼の優しや、人柄とは?最期とは?

スポンサーリンク

人気スパイ映画「007」シリーズの初代ジェームズ・ボンド役で有名な

世界的俳優ショーン・コネリーさん(享年90)の訃報を受け、

映画「007は二度死ぬ」(67年)で共演した女優・浜美枝(76)が1日、

所属事務所を通じて「人間的に魅力にあふれた人物」と追悼コメントを発表した。

 

ショーンさんの人柄、

浜さんが語る思い出、

最期はどうだったのか調べてみました。

 

浜美枝が語る、追悼コメント

007 ボンドガール】キッシー(浜美枝/007は二度死ぬ) | Karmann Fish にうってつけの日

「ボンドガールとして渡英し、右も左も分からない撮影現場に戸惑っていた私に、

『大丈夫?心配事はない?』と毎朝、声をかけてくださったのがショーン・コネリーさんでした。

あの時の人を包み込むような優しいまなざし、

深みのある穏やかな声を今も忘れることができません」

 

「役者として、ひとりの人間として、気骨のある生き方を貫かれたその生き方に、

どれだけ励まされ、勇気づけられたでしょう。

ショーンさんと出会い、一時、ご一緒できたことに、今は感謝の気持ちでいっぱいです」

 

ショーン・コネリーさんの最期

英スコットランド出身

世界的俳優であるショーン・コネリーさん

滞在していた大西洋の島国バハマの自宅で死去した。

90歳だった。

 

死亡日時や死因は伝えらいないが、

コネリーさんが体調不良を訴え、眠っている間に息を引き取ったとのこと。

 

まとめ

浜さんのコメントからも、ショーンさんの優しさが感じられますね。

きっと家族に見守られて、穏やかな最期を迎えたことと

想像します。

ご冥福をお祈りします。